クレジットカードのグレードについて

プラチナカードとは?

プラチナカードというのは、ゴールドカードよりもさらに、高所得者向けに作られた、ステータスカードのことです。

ゴールドカード以上の付帯保険などのサービスを受けることができますが、それに伴って、年会費も高くなっています。

プラチナカードの名前は、ゴールドよりも高い価値と希少性を持つプラチナをイメージしてつけられました。プラチナカードの券面は、名前に合わせ、プラチナをイメージした銀色を基調とするものと、黒色を基調とするものが多くなっています。

日本で発行されているプラチナカード

日本で現在プラチナカードを発行しているのは、アメリカンエキスプレスやクレディセゾン、JCB、三井住友VISAなどで、三井住友VISAプラチナカードやJCB THE CLASSは、券面はブラックですが、プラチナカードに分類されます。

また、審査基準もまちまちで、プラチナカードといっても、それほど持つことが難しくないプラチナカードがあれば、非常に持つことが難しいプラチナカードもあります。

やはり、プラチナカードが出来たことにより、ゴールドカードのステータスが落ちたこととおなじく、現在ではブラックカードができたことで、プラチナカードのステータスが下がっているといえるかもしれません。しかし、現在でもなお、よほどの高属性でないと持つことができず、プラチナカードのステータスは高いといえるでしょう。

なお、以前は三井住友VISAプラチナカード手に入れるためには、三井住友VISAのゴールドカードの利用実績を積んだ上で、インビテーションが届くのを待たなくてはいけませんでしたが、現在では利用実績がなくても、ネットなどで申し込むことができる様になりました。そのようなことにより、少しずつプラチナカードのステータスは下がってきているのです。

プラチナカードの特徴

プラチナカードは、年会費が5万円〜10万円ほどです。その年会費を払っても、それ以上のサービスを受けられるほど、カードを使いこなせる人のみが手にすべきカードともいえます。

旅行傷害保険などは、ゴールドカード以上に手厚い保険が自動付帯されます。海外旅行によく行かれる方などは、手厚い保険をつけるという意味でも、プラチナカードはお得かもしれません。

利用限度額は300万円以上のカードが多く、カードによっては利用限度額がないものもあります。それだけ、カード会社からの信用がないと、持つことができないということでもあります。

国内空港ラウンジを無料で利用できます。さらに、海外の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスがついたカードも多く、飛行機によく乗る方であれば、十分にメリットがあります。

コンシェルジュサービスがつきます。ホテルやレストランの予約など、あらゆることをしてくれます。プラチナカードの最大のメリットであり、コンシェルジュサービスを受けられることが理由でプラチナカードを持っている人が多数です。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.16. Copyright(C)2011クレジットカードのグレード  - All rights reserved