クレジットカードのグレードについて

一般カードとは?

一般カードというのは、各クレジットカード会社が発行する、最もベーシックなクレジットカードのことを指します。クラシックカード、シルバーカード、プロパーカードなどと同義語として扱われることも多いです。

一般的に、年会費は費無料〜3,150円ほど、利用限度額は10万円〜70万円ほどのカードが通常、一般カードと呼ばれます。

一般カードというのは、各クレジットカード会社が発行する最もベーシックで、発行枚数が多いものです。そのため、普通のカードホルダーにとっっては一般カードでカードで十分で、普通に延滞なくカードを使い続けていれば、利用限度額も徐々に増えていくことが多いため、特別不便などを感じることはないでしょう。

クレジットカードの利用額が非常に多く、毎月50万円以上を決済する場合や、海外旅行に行くことが多く、充実した保険を必要とする場合は、ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードに申し込むことをおすすめします。

しかし、それ以外の方は、一般カードで十分で、高い年会費を払い、ゴールドカードを持つ必要はないでしょう。現在は、年会費無料でもポイント還元率が高かったり、割引が受けられるお得なクレジットカードも多いので、そのようなカードを選んだ方がお得かもしれません。

一般カードの特徴

一般カードの特徴は

1.年会費は無料〜数千円
2.シルバーを基調としたカードが多いが、デザインはまちまち。
3.保険はついていないか、それほど充実していない

ということになります。基本的にクレジットカードに多くを求めない、年会費が高いのは嫌だ、という方は、一般カードで十分と言えます。

尚、今や年会費無料、または1,000円ほどのクレジットカードでも付帯保険が充実しているものもあるので、海外旅行傷害保険などの付帯保険が欲しい場合には、そのような保険つきの一般カードを選ぶといいでしょう。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.16. Copyright(C)2011クレジットカードのグレード  - All rights reserved